HOME > 2021

活動報告

7月17日

三ツ林ひろみ内閣府副大臣の国政報告会に出席しました。下村博文政調会長など多くの来賓から祝辞が述べられました。

DSC_0711 DSC_0687
また土屋品子先生も春日部市にて国政報告会を開催されました。

DSC_0718 DSC_0729


7月13日

河野太郎ワクチン接種担当大臣も出席されて党新型コロナウイルス感染症対策本部・新型コロナウイルスに関するワクチン対策PT合同会議が開催されました。
現在、自治体や医療関係者の頑張りのお陰で、接種回数が7月5日の週には一日140万回に達する可能性があります。6月末で市中在庫が4000万回分あるものの、今後の輸入・供給量も考慮すると、一日120万回ペースになるよう予約受付の調整などをしていただかなければワクチン接種が止まりかねません。中には国換算で一日200万回以上のペースで接種が進んでいる自治体もあり、ワクチン分配についても自治体間調整が必要になっていることから、適切な対応を求める声があがりました。
また供給面の課題を考慮して、ファイザーワクチンの接種間隔について、6週間までは許容されることを念頭に、現場でもっと柔軟に対応できるよう周知徹底することを政府には求めました。

DSCN2084 DSCN2069


7月5日

超党派「医療・防災産業創生推進議員連盟」(齋藤健会長)の設立総会に参加しました。ゲストの寺島実郎特別顧問より、豊かになるための産業からのパラダイム転換が必要であり、そのためには「総合エンジニアリング力」をつけて、国民の安心安全を担保する新産業の創生が必要との基調講演がされました。

DSCN2052 DSCN2053

 


7月4日

彩の国予防接種推進協議会の第9回ワクチンフォーラムにお招きいただき、「新型コロナウイルスワクチンの現状と課題」と題して講演させていただきました。会場およひwebのハイブリッドで、埼玉県内の医療従事者・自治体職員・保育園/学校保健関係者・予防接種関連企業関係者の皆様に、最新の医学的知見についてご説明させていただきました。

DSC_0631 DSC_0626


7月2日

党新型コロナウイルスに関するワクチン対策プロジェクトチームでまとめた第4次提言を関係大臣に持参して申し入れを行いました。
 職域接種の申請予定であったものの、政府によって中止されてしまった事業者も相当数存在すると考えられます。これらについて、ファイザー社のワクチンを充当した上で職域接種の申請受付を早急に再開することを検討すべきと提言しました。
 国内全体のメッセンジャーRNA ワクチンの供給については、9月末までに2億2,000 万回接種(1 億1,000 万人接種分;ほぼ接種対象の国民の全員)の確保の目途が立っており、都道府県の大規模接種や職域接種が進めば、それだけ今後の自治体の接種の必要数が減少する関係にあります。感染・伝播事例が相対的に多い若年層に対する接種における職域接種の大きな利点を考慮し、引き続き職域接種を拡げ進めるべきとの考えです。

ONW_9077-5 ONW_9085-5 DSCN0242 DSCN0244


6月29日

党新型コロナウイルスに関するワクチン対策プロジェクトチームの役員会を開催し、ワクチン接種状況について議論いたしました。
現在、モデルナ製ワクチンの確保量5000万回分を使い切る数の職域接種の申請をいただき、受付を停止しております。また地域接種で使用するファイザー製ワクチンについては、7月の供給量が6月の4割ほどに減少することになっています。一方でファイザーワクチンは、6月までに高齢者接種用として約7800万回分を供給しており、接種は3100万回のために半分以上が市中に在庫として積み上がっている状態です。
各市区町村で接種ペースにバラつきが出てきているので、都道府県でうまく供給調整しながら、都道府県が予定している大規模接種会場にもファイザーワクチンをまわしていけるようにしなくてはなりません。また接種がより進んできた際の施策についても、PTで改めて提言をまとめていく方針です。

DSCN2042 DSCN2039


6月16日

朝、超党派「日本の科学技術危機対策議員連盟」の設立総会を開催し、多くの国会議員の先生方にご参加いただきました。これまで30年近く活動してきた議連「科学技術と政策の会」を大幅に拡充し、科学技術立国として世界と伍していくための政策を検討してまいります。意見交換では、科学技術力底上げのための予算獲得はもちろんのこと、デュアルユースやカーボンニュートラルを見据えた原子力のあり方などをぜひ超党派で話すべきといった方向性も出されました。

DSCN1997 DSCN2016
午後は、党科学技術・イノベーション戦略調査会でまとめた国産ワクチンの開発に向けた提言を、井上科学技術政策担当大臣にお渡ししました。政府が打ち出した戦略を実現するため、10年で5000億円程度の研究開発費を確保することを求めています。

井上大臣3 井上大臣1


6月15日

鴨下一郎先生と共に「医学部生の多彩な未来を育てる会」という新しい勉強会を立ち上げました。
我が国の場合、高校卒業時点で大学の学部選択を行う制度であるため、単に高校卒業時の学業成績が良好だったという事実だけで、特に最優秀層において、自らの本当の適性を考えることなく医学部へ進学する人が少なくありません。大きな社会的ニーズを解決し、多大な雇用を生み出し、世界的に多くの人々の生活に恩恵をもたらすことが可能となるような世界的な課題解決に挑戦し、大きな社会的付加価値を創造する可能性を持った人材までが、医学部に進学している可能性が高いと考えられます。
勉強会では、医学部生が自分の才能に適合した多彩な未来へ向かって自由に歩める環境を創るために、一般の臨床医とは異なる形で活躍している実例の分析等を通じて、医学部生や若手医師とともに検討を深めていく予定です。今日は慶応大で行われている健康医療ベンチャー大賞について、主催された方からお話を伺いました。

DSCN1989 DSCN1992


6月8日

委員長を務める党科学技術・イノベーション戦略調査会「医療分野の研究に関する小委員会」を開催し、日本再生医療学会理事長になられた慶応大・岡野栄之教授からこれからの再生医療についてお話を伺いました。

DSCN1969 DSCN1975


6月6日

秋葉賢也衆議院議員のお招きで、仙台でのふるさと対話集会に講師として参加させていただきました。

1623034443715 1623034470376