HOME > 2021 > 9月

活動報告

9月1日

地域で安心して分娩できる医療施設の存続を目指す議員連盟の総会に出席し、厚生労働省より来年度予算における周産期医療関係の概算要求について説明を受けました。また参加された木下勝之・日本産婦人科医会会長、平田善康・埼玉県産婦人科医会会長からは、今後進む医師の働き方改革で地域の周産期医療体制が崩壊するとの強い警戒感が示されました。
厚労省に対しては、労働時間制限によって働きたい医師の邪魔をすることがないよう、労働時間と医療安全の相関を示すエビデンスがあるのか研究班を設けることなどを求めました。

239688710_1940752992765883_8724191335152264434_n 239608635_1940752959432553_1531784914662935543_n